TitanFXブレード口座の本音レビュー。スタンダード口座との違いとは?

TitanFXの口座「ブレード口座」を徹底的に比較分析しました。TitanFXブレード口座の特徴、他の口座との違い、メリットデメリット、活用法からおすすめの方、使っている方の本音レビューまで、上から下まで読んでいただければ、TitanFXのブレード口座のことが完璧に把握できます。

TitanFXブレード口座比較

TitanFXのブレード口座と他の口座を比較しました。

口座の種類Zeroスタンダード口座/STPZeroブレード口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料3.5ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.35
スプレッド種類変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.000.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.330.33
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.000.70
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.331.03
最大レバレッジ500倍500倍
ロット数1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨
最小取引サイズ0.01ロット0.01ロット
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額2万円相当2万円相当
ロスカットレベル証拠金維持率20%以下20%以下
マージンコール証拠金維持率90%以下90%以下
取引システムMT4
MT4ウェブトレーダー
MT5
MT5ウェブトレーダー
MT4
MT4ウェブトレーダー
MT5
MT5ウェブトレーダー
スマホ対応○MT4/MT5(iphone/android/タブレット)○MT4/MT5(iphone/android/タブレット)
システムトレード○MT4/MT5○MT4/MT5
ソーシャルトレード
コピートレード
○Zulutrade○Zulutrade
無料VPS△優待のみ△優待のみ
通貨ペア数70通貨ペア70通貨ペア
口座通貨USD,JPY,AUD,NZD,SGDUSD,JPY,AUD,NZD,SGD

ブレード口座を開設する前にTitanFX評判を見る

TitanFXブレード口座の特徴

1.取引手数料ありの狭いスプレッドの口座

TitanFXブレード口座は

  • 取引手数料(片道):3.5ドル
  • 取引手数料(往復):7ドル = 0.7pips相当

の取引手数料が発生する口座です。

取引手数料が発生する代わりに狭いスプレッドでトレードできるようになっています。

2.ブレード口座は、ECN取引

TitanFXブレード口座は

  • ECN(エレクトロニック・コミュニケーション・ネットワーク)取引 = 電子取引所取引

を採用しています。

日本の株式投資と同じように、買いたい人と売りたい人が希望価格を出し合って、マッチしたときに注文が約定する形の取引方法です。海外FX業者の取引手数料は、この取引のスプレッドには上乗せされないため、スプレッドが狭くなります。海外FX業者は、外出しで取引手数料という形で収益を得ます。

TitanFXブレード口座のスタンダード口座との違い

取引手数料とスプレッドが違う

TitanFXブレード口座のスタンダード口座との最大の違いは

トレードコスト(取引手数料・スプレッド)の違い

です。

TitanFXスタンダード口座

  • スプレッドが広い
  • 取引手数料:無料

TitanFXブレード口座

  • スプレッドが狭い
  • 取引手数料:有料(往復7ドル)

実際にスプレッドを測定したケースでは

Zeroスタンダード口座スプレッド

取引手数料(片道):無料( ≒ 0.00pips)

  • 米ドル/円 最小:0.57pips 平均:1.44pips
  • ユーロ/円 最小:0.94pips 平均:1.85pips
  • 英ポンド/円 最小:1.63pips 平均:2.92pips
  • 豪ドル/円 最小:1.09pips 平均:1.99pips
  • カナダドル/円 最小:1.50pips 平均:2.47pips
  • ユーロ/米ドル 最小:0.50pips 平均:1.36pips
  • 豪ドル/米ドル 最小:0.80pips 平均:1.61pips

Zeroブレード口座スプレッド

取引手数料 (片道) :3.5ドル( ≒ 0.35pips)

  • 米ドル/円 最小:0.16pips 平均:0.53pips
  • ユーロ/円 最小:0.35pips 平均:0.87pips
  • 英ポンド/円 最小:0.91pips 平均:2.03pips
  • 豪ドル/円 最小:0.49pips 平均:1.06pips
  • カナダドル/円 最小:0.84pips 平均:1.54pips
  • ユーロ/米ドル 最小:0.14pips 平均:0.39pips
  • 豪ドル/米ドル 最小:0.29pips 平均:0.65pips

詳しくはTitanFXスプレッド一覧

ですから

  • スタンダード口座の米ドル/円の平均スプレッド:1.44pips
  • ブレード口座の米ドル/円の平均スプレッド:0.53pips

と、ブレード口座の方が約1pipsほど、スプレッドが狭くなっています。

ブレード口座の取引手数料をスプレッド換算すると

片道:3.5ドル = 往復:7ドル = 0.7pips相当

トレードコストは

  • スタンダード口座の米ドル/円の平均スプレッド:1.44pips
  • ブレード口座の米ドル/円の平均スプレッド:1.23pips(取引手数料含む)

ですから、取引手数料を含めても、ブレード口座の方がトレードコストが安くなります。

取引方法が違う

TitanFXでは

  • スタンダード口座:STP取引
  • ブレード口座:ECN取引

を採用しています。

STP取引

  • 一般的な取引量の注文であれば、安定して約定することができる
  • 取引手数料が無料
  • スプレッドが広い
  • スリッページがある

ECN取引

  • 板情報を見ながらトレードができる(どこにどのくらいの注文が入っているかわかる)
  • 大量の注文でもいくらで約定するかがわかる
  • 取引手数料が有料
  • スプレッドが狭い
  • スリッページがない(価格が折り合ったところで約定)

という取引方法の違いがあります。

ブレード口座を開設する前にTitanFX評判を見る

TitanFXブレード口座のメリットデメリット

メリット

1.スタンダード口座と比較するとスプレッドが狭く、トレードコストが安い

スタンダード口座とブレード口座のスプレッドを比較すると

  • スタンダード口座の米ドル/円の平均スプレッド:1.44pips
  • ブレード口座の米ドル/円の平均スプレッド:1.23pips(取引手数料含む)

ですから、

ブレード口座の方がスプレッドが狭く、取引手数料を含めても、トレードコストが安くなるのです。

2.板情報が見れる

板情報とは

どの価格帯にどのくらいの注文が入っているのか?を確認できる取引画面のこと

を言います。

株式取引などでは、板情報を見ながらトレードするのが一般的ですが、ECN取引では、FXトレードでも、板情報を見ながらトレードができるのです。

ブレード口座は、ECN取引ですので、板情報を見ながらトレードすることができます。

デメリット

1.STP口座より約定が不安定

TitanFXの場合は

  • スタンダード口座:STP取引
  • ブレード口座:ECN取引

となっています。

STP口座は、リクイディティプロバイダーがレートを配信して、海外FX業者はリクイディティプロバイダーに注文を流して約定する仕組みです。

ECN口座は、電子取引所取引なので、参加者が「買いたい価格」「売りたい価格」を提示して合致したときに約定します。

ECN口座の方が透明性は高く、低コストでトレード出来ますが、相場の急変動時など、相手方の「買い」「売り」が入りにくい状況下では、価格がマッチせずに約定しにくくなってしまうデメリットがあるのです。

相場の急変動時には、STP口座の方が約定しやすく、ECN口座であるブレード口座の方が約定がしにくく、利確・損切が遅れてしまう可能性が出てきます。

ブレード口座を開設する前にTitanFX評判を見る

TitanFXブレード口座の活用方法

1.TitanFXのメイン口座として使う口座

TitanFXの場合は

  • 最低入金額
  • 最大レバレッジ
  • 最低取引量
  • プラットフォーム
  • 取引商品

ともに、スタンダード口座も、ブレード口座も同じです。

だとすると、トレードコストの高いスタンダード口座をあえて使う理由はほとんどなく、ブレード口座を利用すれば良いと言えます。

TitanFXを利用するのであれば、トレードコストの安いブレード口座をメイン口座として利用すべきと言えます。

懸念事項は、ECN口座の約定が不安定であったり、取引手数料が発生することに慣れないことだと思われますが、実際にトレードしている間は、それほど気になる点ではないはずです。一度、ブレード口座をメイン口座として利用してみて、合わなければ、スタンダード口座に戻せば良いのです。

ブレード口座を開設する前にTitanFX評判を見る

TitanFXブレード口座がおすすめの方

TitanFXブレード口座がおすすめの方は

  1. トレードコストをできるだけ安くしたい投資家
  2. 板情報を見てトレードしたい投資家

です。

スタンダード口座と比較して、大きなデメリットがないため、多くの投資家にブレード口座はおすすめできます。

1.トレードコストをできるだけ安くしたい投資家

前述した通りで、スタンダード口座とブレード口座を比較すると

  • スタンダード口座の米ドル/円の平均スプレッド:1.44pips
  • ブレード口座の米ドル/円の平均スプレッド:1.23pips(取引手数料含む)

というトレードコストの違いがあります。

ブレード口座の方が取引手数料が有料なのですが、スプレッドが狭い分、取引手数料とスプレッドを合算したトレードコストで比較すると、スタンダード口座よりも、0.2~0.3pips程度、ブレード口座の方がコストが抑えられるのです。

トレードコストを抑えたい投資家にブレード口座の方がおすすめです。とくにスキャルピングやデイトレード、指標トレードなど、トレードコストの数pipsが損益に直結するトレードスタイルの投資家におすすめです。

2.板情報を見てトレードしたい投資家

  • スタンダード口座:STP取引
  • ブレード口座:ECN取引

ブレード口座は、ECN取引を採用している口座のため「板情報」を見て、トレードすることができます。

板情報とは

どの価格帯にどのくらいの注文が入っているのか?を確認できる取引画面のこと

ですから、「板情報がある方がトレードの幅が広がる」と考える投資家も少なくありません。

「板情報」を見てトレードがしたい方、トレードの幅を広げたい方におすすめです。

ブレード口座を開設する前にTitanFX評判を見る

TitanFXブレード口座の評判

良い評判

良い評判まとめ

  • 約定力が高い
  • スプレッドが狭い
  • 取引手数料を含めてもトレードコストが安い
  • 100ロットまでトレードできる
  • ゴールドのスプレッドも狭い

悪い評判

悪い評判まとめ

  • 手数料が発生する
  • ゴールドのスプレッドが不安定

ブレード口座を開設する前にTitanFX評判を見る

TitanFXブレード口座のよくある質問

Q.TitanFXブレード口座でMT5は使えますか?

使えます。

ブレード口座で利用できるのは

  • MT4
  • MT5

の2つです。

MT5が使えるのは、テラ口座、アルファ口座となっています。

Q.ブレード口座とブレード口座は、どちらがスプレッドが狭いですか?

スプレッドが狭いのは、ブレード口座です。

ただし、ブレード口座には取引手数料があります。

取引手数料も含めたトレードコストで見ると、ブレード口座の方が安く、ブレード口座の方が高くなります。

Q.ブレード口座とブレード口座で、取引できる銘柄に違いはありますか?

違いは、ありません。

どちらも

  • FX
  • 仮想通貨CFD
  • エネルギー
  • 貴金属
  • 株価指数CFD
  • 米国株式

が取引可能です。

Q.ブレード口座から、別の口座への口座タイプの変更はできますか?

開設済みの口座の口座タイプの変更は可能です。

マイページ(クライアントキャビネット)にログインして、取引口座番号の右にあります鉛筆のマークをクリックすると、口座タイプの変更が可能になります。

ブレード口座を開設する前にTitanFX評判を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。